Chinese Opera_ Chinese Dance & Voice Art _ China Traditional Music - CITS
ホーム>中国観光案内>テーマ別中国の文化>演劇と芸能

演劇と芸能

  • 影絵芝居
    影絵芝居 影絵は、紙や木で作られた人形、または動物などに見立てた手など体の一部の後方から光を当てて、その影をスクリーンに投影したもの。また、それによって演じられる芝居。  影絵は多くの国で親しまれており、20以上の国々に影絵芝居の劇団がある。  影絵に使用される人形は光を透過する部分があって、色セロファンなど... もっと見る>>
  • 京劇
    京劇 京劇とは中国の伝統的な古典演劇である戯曲(歌劇の一種のこと)の1つである。  清代に安徽省で発祥し北京を中心に発展したので京の名が付き、主に北京と上海の二流派がある。唱腔は板腔体を基本とし、声腔は西皮と二黄を主要なものとする。このため京劇に代表される西皮と二黄を総称して皮黄腔ということがある。  京... もっと見る>>
  • 朝鮮族農楽舞
    朝鮮族農楽舞 農楽は朝鮮半島に古くから伝わる伝統芸能である。文字どおり、農民・農村の音楽を意味し、踊りを伴う(農楽舞ともいう)。農民たちが豊作を祈願したり、豊作を祝ったり、時には仕事の疲れを癒すために朝鮮全土で発展してきた。  中国の朝鮮族の伝統風習で、2009年無形文化財に指定した。 もっと見る>>
  • 西安鼓楽
    西安鼓楽 西安古楽は西安鼓楽、長安古楽、長安鼓楽とも呼ばれる。最も完ぺきな形で保存されてきた3大民間器楽の1つで、「古代のシンフォニー」また「中国古代音楽の活きた化石」とも言われ、唐宋時代の宮廷音楽の格式の高さ、荘厳さ、高雅さを漂わせている。現在も演奏では古い「俗字譜」が使用される。  西安古楽は唐代の燕楽... もっと見る>>
  • 甘粛花兒
    甘粛花兒 「花児」とは甘粛の民族歌謡である。   中国の甘粛省、青海省、寧夏ホイ族自治区一帯の漢民族、回族、トゥー族、トンシャン族、パオアン族、サラール族、ユーグ族、チベット族の間で受け継がれている民謡である。年1回の花児会は、現地住民が催す対歌(男女一問一答の形で歌う)や競歌(歌を競い合う)の集会として受... もっと見る>>
  • 蒙古族ホーミー(喉歌)
    蒙古族ホーミー(喉歌) ホーミーは、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法のうち、西部オイラト諸族(モンゴル国西部と中国新疆ウイグル自治区北部に居住)に伝わるものの呼称。一般に、緊張した喉から発せられる笛のような声のことを指す。語源はモンゴル語で「咽頭、動物の腹部の毛皮」をあらわす。 もっと見る>>
  • 新疆マナス
    新疆マナス マナスは、キルギスに伝わる民族叙事詩である。また、その主人公たる勇士の名でもある。  口承された数十万行にも及ぶ壮大な民族叙事詩で、ホメロスの『イリアス』や『オデュッセイア』、古代インドの『マハーバーラタ』などよりもはるかに長い。『ギネス世界記録』では世界で最も長い詩と認定され、50万行以上の長さが... もっと見る>>
  • 蔵戯
    蔵戯 チベット地方劇である。  チベット歌劇は、チベット地方で広まっている芸能である。チベット以外にも、四川省、青海省、甘粛省等の集落に住むチベット人地区で行われているほか、インド、ブータンなどの地域でも演じられている。  チベット歌劇は、チベット語で演じられる。呪術師の宗教的な儀礼舞踊から生まれた。15... もっと見る>>
  • ケサル
    ケサル チベット英雄叙事詩である。  ケサル王伝あるいはゲセル・ハーン物語は、チベットおよび中央アジアにおける主要な叙事詩である。現在でも140名あまりのケサル吟遊詩人 (チベット人、モンゴル人、ブリヤート人、トゥ族など)によって歌われており、現存する数少ない叙事詩のひとつとしても価値が高い。この叙事詩は約1,000... もっと見る>>
  • 粤劇
    粤劇 珠江デルタ地域一帯で民衆から愛される伝統芸能、広東オペラ(粤劇)。発祥は明代末期から清朝初期頃、その後、清朝末期に黄金期を迎え、広く海外にも影響を与えたという。  広東オペラは2009年には人類無形文化遺産リストに登録されるなど、芸術価値と重要性が高く評価されている。 もっと見る>>
China Tours
お問い合わせ
  • ご芳名:
  • Eメール:
  • 内容: