Chinese Folk Art _ Chinese Arts & Crafts _ China traditional Custom - CITS
ホーム>中国観光案内>テーマ別中国の文化>工芸と芸術

工芸と芸術

  • 剪紙
    剪紙 剪紙は、中国の伝統的な民間芸術の切り絵細工である]。黄河流域を代表例として、中国各地で作られており、地方により作風や題材、作り方、使われ方が異なるが、一般的には、花や動物、日常風景や生活習慣、物語などの図案を紙にハサミで切ったものが剪紙と呼ばれる。これに対し、小刀で切り出される切り紙細工を、特に「... もっと見る>>
  • 篆刻
    篆刻 篆刻とは、印章を作成する行為である。中国を起源としており、主に篆書を印文に彫ることから篆刻というが、その他の書体や図章の場合もある。また金属(銅・金など)を鋳造して印章を作成する場合も篆刻という。その鋳型に彫刻を要するからである。書と彫刻が結合した工芸美術としての側面が強く、特に文人の余技としての... もっと見る>>
  • 中国書道
    中国書道 書道または書とは、書くことで文字の美しさを表そうとする東洋の造形芸術である。カリグラフィーの一種。中国が起源であるが、日本語圏においては漢字から派生した仮名、ベトナム語圏では同じく漢字から派生したチュノムやローマンアルファベットを使用するクォック・グーなどでも創作活動が行われている。2009年に中国の... もっと見る>>
  • 浙江竜泉青磁
    浙江竜泉青磁 陶磁器は中国が世界に果たした重要な貢献のひとつとされる。中国の代表的な工芸製品であり、陶磁器は軽く丈夫なだけでなく、使いやすく、芸術的価値も非常に高く、多くの精美な陶磁器が時代を超え、今に伝えられている。産地や材料、工芸技術の違いから、中国の陶磁器にはさまざまな様式のものがあり、そのなかでも浙江省竜泉で生... もっと見る>>
  • 南京雲錦
    南京雲錦 南京は古くから養蚕業が盛んで、絹や錦などのシルク製品の都として栄えた。この地に南北朝時代(420-589年)に北方の中原地域から多くの優れた絹織り職人が移住してきたことにより、雲錦と呼ばれる絹織物が誕生した。 その後、元、明、清の3つの王朝(13世紀初~20世紀初)にわたり、雲錦は皇室の御用達品に指定され、... もっと見る>>
  • 中国養蚕絹織物
    中国養蚕絹織物 絹織物は、中国で創出されたもので、絹を生産している形跡が新石器時代遺跡から何度も発見されている。刺繍が施されるようになった最も早期の事例は、中国戦国時代(紀元前3世紀~5世紀)の墓から発見されたものである。  中国漢の時代になると高価な貴重品としてシルクロードの主要な交易品目とされた。その製法は長い... もっと見る>>
  • 碑林
    碑林 碑林とは文字や図像を刻んだ多数の石碑の集合を意味する。昔の西安の孔子廟を基礎として1087年に建てられた建築で現在は博物館である。石碑展示室、石刻展示室、臨時展示室の3つに分かれている。建築面積は約4000平方メートル、展示品は約3000点ある。  博物館は南北に細長く、門をくぐると木牌坊が見える。右に折れて... もっと見る>>
China Tours
お問い合わせ
  • ご芳名:
  • Eメール:
  • 内容: